五島市議会議員 丸田たかあきの議員活動専用ページを開設いたしました。

理解に苦しむ「この方の」思考回路

何に対してお詫びだったのか⁉️

動画から読みとって問題として考えられた点。

お詫びね〜

①職員が泥酔して警察に保護されたこと
②職員が4人で飲み会をしていたこと
のどちらかである。

①であれば、警察官は市民の生命財産を守ることも大切な仕事であり、普通に警察官が仕事をしただけ。後日、保護された職員本人が菓子折りの一つでも持って保護してくれた警察官のところへ「お世話になりました」って言いに行けば済む話。
保護という表現ですので、法に触れるようなことでもしたわけでもないのでしょうから、仰々しく市長がお詫びをするようなことではないのである。

②であれば、何がいけないのでしょうか?
市職員には、「家族以外との会食は控えること」と記載された下達文書が発令されている。私が良く知る職員数名は、コロナ禍以前、月1で街飲みや宅飲みをご一緒し市政発展への情報交換など行っていた。コロナ禍においては「家族との会食を控えて」と注意されている面で飲み会へのお誘いは自粛していた。

市情報への発令内容は会食を「控えること」なのです。「禁止」ではないのだ。
「会食を控え」てたけど、たまたま職員同士で宅飲みしたときに警察に保護された職員がいたから謝ったのか?

宅飲み自体がいけないから謝ったのか?

この人『五島市長 野口市太郎』の思考回路が全く理解できない丸田たかあきであります。

ご自身は緊急事態宣言が解除されていない東京(10月1日解除)へ出張

理解に苦しむ「この方の」思考回路

五島市長の今週の動向。
宣言30日に緊急事態宣言発令下の東京出張より帰島された関係より、1週間後の10月6日、PCR検査を受けて問題なければ市役所へ登庁し公務に就く。(市総務企画課秘書係)

自分の行動は感染拡大予防へ十分な注意対策を講じたから良いといいわけすろのだろう。職員も同じ人間である。そろそろストレスも溜まりきっているのです!感染拡大予防に最大限の注意を払っての五島市経済活動に外食禁止令を解いてあげませんか!

後援会便り講読申込み

定期的に毎月一回後援会便りをお届けしています。
講読は無料ですのでご心配いりません。
後援会便り
PAGE TOP